Youtuber アーティスト情報

鈴木ゆゆうた 高校,大学(学歴等)~ニコ動→Youtuberまでの軌跡!

皆さんはピアノを武器にした動画投稿者と言えば、誰を思い浮かべるでしょうか?

 

「まらしぃ」さんを筆頭に、「事務員G」さん、「よみぃ」さん等、様々な人が思いつくでしょう。

 

しかし今回注目する人は、先ほど上がった「正統派」ではなく、どちらかと言えば「アウトロー」よりな投稿主「鈴木ゆゆうた」さん。

 

ピアノスキルが非常に高い、歌唱力もあるにもかかわらず、そこで勝負をせず「ヨゴレ」の方向性で活動していることから「才能をドブに捨てた男」と言われています(笑)

 

鈴木ゆゆうたさんとは「ニコ生」から有名になった人物ですので、ニコニコ動画を通らなかった人はどのような活動をしているのか分からないのではないでしょうか?

 

そこで今回は鈴木ゆゆうたさんの出身高校・大学等の学歴や、何故活動場所をニコ動からYoutubeに移したのかについて、気になる経歴をご紹介していきます!

スポンサーリンク

鈴木ゆゆうた プロフィール

【名前】鈴木ゆゆうた

【本名】鈴木悠太

【生年月日・年齢】1988年7月2日・32歳(6月現在)

【血液型】不明

【出身地】神奈川県川崎市多摩区

【身長】176cm

【中学・高校】桐光学園中学校・桐光学園高等学校

【大学】東京都立大学・都市環境学部・都市環境学科・建築都市コース

【前住所】東京都新宿区高田馬場4-30-4 ラ・アイサトール 107号室

【Twitter】@hukkatunoyuyuta

【Instagram】instanoyuyuta

【Youtubeチャンネル】鈴木ゆゆうた

 

おいおい、住所載っけてるけど大丈夫なのかよ...とお思いでしょうが大丈夫です!(←)

 

何故ならこの住所は「自ら公開した物」なのですから...

 

そして、他のYoutuberのような動画投稿者より、プロフィールがやけに充実している理由はある動画が関係しています。

出典:youtube

 

この公開した動画の詳細は記事の後半にお話ししたいと思います。

 

ちなみに「東京都新宿区高田馬場4-30-4 ラ・アイサトール 107号室」という住所には現在住んでいません。当たり前ですよね

スポンサーリンク

鈴木ゆゆうた 高校時代から異才!学歴やエピソードも

鈴木ゆゆうたさんは、後述で紹介する動画内で個人情報を無駄に良いメロディーに載せて全面公開しているので、出身学校も漢字1語1区だだ漏らししています(笑)

出典:Youtube

 

ということで出身中学・高校は、「桐光学園中学校・高等学校」になります。

 

ちなみに偏差値は中学校で41~49、高等学校で69となっています、このことから地頭が非常に良いということが分かります。

 

このずば抜けた作曲能力がある理由として、中学時代の友達に音ゲーを進められたことがきっかけだと本人が語っています。

音ゲーの腕前は...

2年前の様子ではありますが、かなり上手いですよね!上級者の域まで入っていると思います。

 

高校時代は友達もおらず、全くいい思い出が無かったという寂しい時代を過ごしています、しかし打ち込んでいたものはあったようで、その頃のに出演した「ピアノ発表会」の映像を自身のチャンネルにて公開をしています。

 

【汚宝映像】鈴木悠太青年(17)による最後のピアノ発表会の映像が発掘されました【ゆゆうた】

映像中、鈴木悠太青年(17)が弾いている曲は「ショパン」の「英雄ポロネーズ」という曲です。

 

鈴木ゆゆうたさんは5歳から17歳までピアノを習っていて、この時が最後の発表会だったそう、映像でも分かるようにかなり演奏レベルが高く、この演奏技術が今に繋がっていると言うことがよく分かると思います。

 

ちなみに当時の鈴木悠太青年(17)はこんな見た目をしていました。

友達がいなかったというのが妙に納得出来てしまう(笑)典型的な秀才タイプの見た目をしていますね。

 

ちなみにこの画像は「全くいい思い出がない僕の高校時代の写真が抱き枕カバーにされている」雑コラ画像ですね(笑)

スポンサーリンク

鈴木ゆゆうた 大学は音大ではない!?大学の学歴やブラック企業へ転落

そして鈴木ゆゆうたさんは「東京都立大学・都市環境学部・都市環境学科・建築都市コース」に進学します、音大や芸大に進学していると思ったのですが、全く違う方向性の大学に進学していますね。

 

偏差値は60と高めでまた、入試の難易度が非常に高いことで有名となっています。

 

このように非常に優秀な学歴で、音楽の才能もある鈴木ゆゆうたさんですが、何故このような道に進んだのか...(笑)

 

大学生時代の鈴木ゆゆうたさんはこんな感じになります。

別のルートだったらこのような鈴木ゆゆうたさんを見れたのでしょうか...

 

なお大学生時代に撮ったと思われるプリクラも自ら公開しています、他人から黒歴史を掘り起こされる前に、自分から出そうという精神なんでしょうね(笑)

がっつり本名も書いてありますし、本来なら公開もしたくなければ、見つかってほしくもないものでしょうけど、鈴木ゆゆうたさんからしたらそんなの屁でもないでしょうね(笑)

 

大学卒業後は、建設業の会社に就職を果たします、しかし労働環境はいわゆるブラック企業だったのです...

 

当時鈴木ゆゆうたさんは現場監督を務めており、その立場上かなりストレスに晒される環境だったそうです。

 

上司に納期厳守の為、早急に仕事を終わらせろと命令されたり、現場の作業員から「無理な命令をするな!」と怒鳴られたりしていたそう...

 

さらに残業時間が月150~180時間に上り、休日出勤も余儀なくされていたのです、これは完璧にクロですね...

 

救いを求めるゆゆうた兄貴

※ニコ生放送なのでアーカイブされておらずこちらの動画しか発言証拠がありませんでした。

 

「俺の職場を特定してくれよ!」との発言から、本当に限界が来ている様子が伺えます...

 

精神面、体力面ともにWパンチを食らうこととなった鈴木ゆゆうたさんは、所属部署の上司に「これ以上は無理です!」と直訴する運びとなります。

 

その結果...

 

労働状況が改善されることになったゆゆうた兄貴

※ニコ生放送なのでアーカイブされておらずこちらの動画しか発言証拠がありませんでした。

 

無事、定時で帰れる部署に飛ばしてもらえることになったのです!

 

今までのしがらみから解放されたのか、動画内で見られる晴れやかな笑顔で見て感じ取れます。

 

ちなみに活動内容などは会社にはバレていたそうです、まぁあんなに個人情報だだ漏らしして大々的に注目されたらバレないとはいかないですよね(笑)

 

気になる勤務先についてですが、「大成建設」か「清水建設」、新たな候補として「ボイスインターナショナル株式会社」ではないかとSNSを中心に議論されていたそうですが、結局確信が持てる情報は見つかりませんでした。

スポンサーリンク

鈴木ゆゆうた 経歴・ニコ動→Youtuberまでの軌跡

鈴木ゆゆうたさんの名前をネットに知らしめることとなった動画と言えば「住所が特定されたことによって受けた被害の歌」でしょう。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm32483309

 

この様子は伝説として語り継がれています、リンク先のタグ「語るな、歌え」が伝説の始まりを表していますね。

 

この曲が出来た経緯としては、ニコ生での炎上が関係しています。

 

ニコ生のとある放送でリスナーとの喧嘩が勃発し、怒りが頂点に達した鈴木ゆゆうたさんは他人の住所をピアノの伴奏に乗せて晒す行為を行ってしまいます。

 

この文面を読んで分かったと思いますが、この件に関しては完全に鈴木ゆゆうたさんの方が罪が重いかもしれません(笑)

 

当然この放送後大炎上し、気に食わなかったネット住民が住所を特定し始めます。

 

この時に鈴木ゆゆうたさんは「どうせバレるなら、自分から公開した方が面白いのでは?」と思い始めた結果、この伝説の曲が誕生したのでした。

 

タイトルだけ見るとただ被害にあったことを歌っていると勘違いしてしまいそうですが、曲中で自らの住所を公開し、結果として特定民に高度な煽りをかまし、ネット上で自分の名前を広めることなっているので、鈴木ゆゆうたさんはとんでもない策士なのではないかと勝手に思っています(笑)

 

もちろん住所を隠すことなくそのまま垂れ流したので

  • 自身が住んでいるアパート全外観の写真をTwitterに投稿される。
  • 食べログに自分の住所がカラオケ喫茶として勝手に登録される。
  • Amazonから約20万円の絵画が「着払い」で届く。

 

等当たり前ですが、被害を受けることとなりました、嫌がらせのセンスが面白いのが少しムカつきますね(笑)

 

このようにニコ生でしばらく活動をしていた鈴木ゆゆうたさんでしたが、Youtubeに2018年5月13日に動画を初投稿を始めます。

 

そこから徐々に投稿回数も増えていき、登録者数も100万人を突破!今ではにニコ動がよりYoutubeでの活動がメインとなっています。

 

インタビューにて「Youtubeも積極的に使われていますよね。」に対して「やっぱり人が来そうなので(笑)!」と答えています。

 

今最も勢いのある配信者“ゆゆうた“インタビュー「個人の時代、絶対きます」

https://kai-you.net/article/60683

この回答がおそらくYoutubeに進出した理由でしょうね。

 

さらに動画投稿サービスでの活動に留まらず、自ら作り出した「真面目な」オリジナル楽曲等も積極的に公開しています。

 

禊-ゆゆうた

https://soundcloud.com/user-446498825/4aeyklouwlg4

MaMMoM-ゆゆうた

https://t.co/hviT6hQETu?amp=1

 

果てには、アーケード音楽ゲームに自ら書き下ろしたオリジナル楽曲が収録されることになったのです。

チュウニズムは個人的に好んでプレイしているゲームですので、このお知らせを見たとき一回目を疑いました。

 

ちなみに上記に載せている「MaMMoM」という曲は、スマホ向け音楽ゲームアプリ「SEVEN’s CODE」に提供した楽曲となっています。

 

個人的にこういった活動は大歓迎なので、今後様々な音ゲーで「ゆゆうた」の名前が見られたらいいですね!

 

駄目押しにTVドラマの出演も...

 

「人」としてではなく「手」としてですが、人気俳優「斎藤工」さんとの共演を果たすことになりました!さらにこのドラマにも楽曲提供をしています。

 

相変わらず下ネタやニッチなネタはかましていますが、段々「綺麗なゆゆうた」も見れることが多くなっていますね、ここまでくると「才能をドブに捨てた男」ではないと思います!

スポンサーリンク

鈴木ゆゆうたの高校,大学(学歴等)これまでの経歴 まとめ

いかがでしたか?今回は鈴木ゆゆうたさんの高校・大学等の学歴、ニコ動からYoutubeで活動するまでの経歴を紹介いたしました!

 

記事を執筆するために改めて調べましたが、鈴木ゆゆうたさんとは本当に鋼のメンタルの持ち主で、且つ本物の天才であると再確認いたしました、

 

しかし、意外にも本当の鈴木ゆゆうたさんは、常識を持った真面目な人物であるのではないでしょうか。

 

その一面が見えるものとして鈴木ゆゆうたさんはこのような動画を投稿しています。

 

真面目なお願いがあります

 

こんな真面目な鈴木ゆゆうたさんはあまり見ることは出来ないと思います。

 

鈴木ゆゆうたさんに限らず「〇〇から来ました」というコメントって多いですよね。

 

コメントした人の大半は、面白がって投稿してるか共感してほしい、反応してほしいという気持ちで投稿しているでしょうが、この行為は知らない人からするとかなり迷惑です、コメントをするときは少し考えてから投稿するかしないかを判断した方が賢明だと思います。

 

このように、住所特定をされるより「他人に迷惑をかける」行為が一番嫌い、と動画内で断言していますね、わざわざ動画にして注意するほどですので、余程コメント欄がひどい状態だったのでしょうね...

 

住所セルフ公開、嫌がらせを受けても折れずにさらに煽っていくスタイルが成立するのは、鈴木ゆゆうたさんだからだと思います、分かっているとは思いますが、住所特定、嫌がらせは内容によっては犯罪行為になりますので、面白がって行動するのはやめましょうね。

スポンサーリンク



人気記事一覧

1

動画配信サービスが当たり前の時代になってきた世の中、次は音楽配信サービスというものも近年増加傾向にあり利用しようと思っても、どれを選べばいいのか悩んでしまいます。   邦楽聴き放題だと、どの ...

2

「2020年夏ドラマ主題歌」7月~9月の期間に放送されるドラマ主題歌・サウンドトラック一覧として、まとめたものになります。※情報が入り次第、随時更新中!

3

朝ドラ『エール』のオープニング主題歌を「GReeeeN」が担当!楽曲は「星影のエール」に決定しました。 テーマ曲サウンドトラックを担当した「瀬川英史 」さんの情報はこちらから! 窪田正孝主演・朝ドラ『 ...

-Youtuber, アーティスト情報

Copyright© サウンドTV.ねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.