Vtuber

郡道美玲(中の人)前世の年齢や顔バレ画像ある?中身はぽん!?

にじさんじ所属のVtuber・郡道美玲(ぐんどうみれい)さん。

 

バーチャルの女教師という設定であり、ドS発言や聖職者とは思えないほど性にオープンで下品なトーク内容に定評があるバーチャルライバーさんとして知られています。

 

デビューは2019年1月からで、その過激なキャラクター性も相まって2021年5月現在そのYouTubeチャンネル登録者数は30万人を数えています。

 

声や性格がVtuberとして成功するだけあってかなり特徴的であり、中身となる中の人が前世でYouTubeやニコ生など目立つ場所で活動していたならばすぐに身元が割れそうなものですが…実は今現在も1人の候補が挙がるのみで、完全な特定には至っていません。

 

その候補というのが、かつてYouTubeでゲーム実況者として活動されていた「ぽん」さんという方です。

 

果たしてぽんさんがなぜ郡道美玲さんの中の人候補に挙がっているのか、その真偽はどうなのか…年齢は顔バレ画像などもできれば見てみたいところですが果たして…!?

 

ということで、今回はそのリサーチの結果をご覧ください!

Vtuber(中の人)前世の年齢・顔バレ一覧!個人勢まとめ

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと20,000人をも超えるVTube ...

続きを見る

スポンサーリンク

郡道美玲(中の人)前世はぽん!?その中身の特徴や傾向は?

出典:ツイッター

郡道美玲さんは、現在26歳で私立の男子校で数学と社会を教えている女教師。

 

教師という存在を身近に感じてもらうためににじさんじでデビューしたのだとか。

 

普段は雑談・ゲーム実況をメインに生配信を行っており、チャンネルのメンバー(支援者)限定でASMR動画の投稿を行うなどの活動もされています。

 

郡道美玲さんの身長は168㎝の自称Lカップ、男子にとっては夢のようなキャラクターで前述のとおり性にオープンであり、性行為の話をして炎上したこともあるほか自慰にちょうどよいからという理由で裸族であることを公言したりとかなりお下品で過激なトーク内容になることもしばしば。

 

Vtuberにとって大切なRP(ロールプレイ:中の人がキャラクターになりきること)を放棄して下品な素をさらけ出しているため今もなお賛否両論のわかれるVtuberではありますが、V界隈でも有名どころであるため賛も否も大きいため話題に事欠かず、いち配信者としての魅力があることからも一定の評価は得ている様子。

 

もっとも、にじさんじをはじめとしたVライバーの方々の多くは自然体で素を見せるスタイルをとっているのですが…。

 

少なくとも本職の教師であることは判明している郡道美玲さんですが、中の人(前世)ぽんさん説が唱えられている根拠を見ていきましょう!

スポンサーリンク

郡道美玲(中の人)前世はぽんと噂される3つの理由!

中の人がぽんである理由1:声が似ている

まずは最大の根拠とされている声。

 

郡道美玲さんと、ぽんさんの出演している動画を拝借して声を聴き比べてみましょう。

郡道美玲さん↓

【#雀魂​】サンマも雀傑にしたいお昼まったり麻雀にゃ🐱!【にじさんじ郡道美玲】

ぽんさん↓

コラボ実況【ハッピーウォーズ】PART. 1

どうでしょうか?

 

確かに、声も似ていますし話し方などもそっくりな気はしますね!

 

また、動画の再生回数が数百数千が平均であるこのチャンネルの動画の中でも、多くの検証班によって再生されたこの動画は5万回を記録しており注目度が高いことがわかります。

 

ちなみに、ぽんさんがゲスト扱いされていることから、このチャンネルはぽんさん本人のものではないようですね。

 

ぽんさんがゲスト出演した回では、概要欄にぽんさんのチャンネルURLも貼られていたのですが…現在はチャンネルが削除されておりコンテンツを閲覧することはできませんでした。

 

郡道美玲=ぽん説が本当であるとするならば、デビューが決まったころに前世での足取りを掴まれないように削除したと考えるなら辻褄もあいますね!

 

現にこのチャンネル主さんをはじめただYouTube活動をやめるだけなら(復帰するかもしれないということも考慮して)アカウントだけは残しておくというケースが多く、コンテンツすべてを削除したぽんさんが現世でVtuberをしているという可能性は捨てきれません。

中の人がぽんである理由2:デビュー時期

今となってはぽんさんの声を聴く唯一の手掛かりがこのチャンネルですが、ぽんさんが最後に出演したのが2017年12月。

【DBDライブ】ランクを少しでもあげたい!!【女性実況】

もし郡道美玲=ぽんさんであるなら彼女がデビューした2019年1月まではおよそ1年の空白期間があります。オーディションやVデビューの準備期間も入れるともう少し短いでしょうか?

 

この間本人のアカウントの方では動画がアップされていたのかも謎ですが、何度もコラボをしたことからかなり親しかったことがわかるこのチャンネルに、その回以降ぱたりと出演しなくなったことから本チャンネルの削除もそこまで時期にずれはないのではと推測もできますね。

中の人がぽんである理由3:twitterのアカウント削除

犬山たまきさんとのコラボ配信によると、郡道美玲さんは前世でツイ廃(twitter廃人)でありアカウントがフォロワー6万人を超えていたらしく、おもしろいツイートなどで何度もバズっていたのだそう。

 

それだけの人気アカウントであれば前世での足取りを掴まれてしまうため、デビュー前に消しておくのも当然といえば当然ですね。

 

現に、多くのVtuberさんはYouTube・ニコ生のアカウントやtwitterなどのSNSは中の人の特定を防ぐために削除しています。(転載動画や、ぽんさんのように他所に出演した動画などが残っていて特定されてしまうことも多いのですが)

 

ただ考慮しておきたいのが、郡道美玲さんが"嘘松"とよばれるほど発言に嘘が多い点。

 

イタリア旅行にきていると配信中に発言し、その配信内で廃品回収車の音をマイクが拾ったことから日本にいる(嘘である)ことがバレて炎上したこともありました。

 

この動画は消えてはまた再びアップされるなど、闇の部分が働いているようなので、気になる方は各々で確認してみて下さい。【嘘松Vtuber郡道美玲  にじさんじ】

 

この騒動の際、twitterや配信のコメント欄で「本当にイタリアに行ったのか」と聞いてブロックされたリスナーさんも多くいたそうです。

 

さらにコメント欄ではイタリアがNGワードに指定されたそう。

 

虚言癖とまでよばれる郡道美玲さんの嘘ですが、虚言癖のかたは必要のない嘘を必要のないタイミングで繰り出すことがよくあるらしく…

 

「イタリア旅行に行った」など自分を高める、良く見せる嘘を平然とつけるのであれば「前世でtwitterがバズっていた」というのも本当であるかどうかはわかりません。

スポンサーリンク

郡道美玲(中の人)前世はぽん!?その中身の年齢や顔バレ画像はあるのか?

ホロライブ メンバー一覧!(中の人)前世の顔バレ,年齢をデビュー順にまとめてみた

カバー株式会社が運営しているVtuberグループ【ホロライブプロダクション】   女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」 など、現在ホロライブで活躍 ...

続きを見る

そんな郡道美玲さんの中の人の声が似ているとされているぽんさんですが、上記でもお伝えした通りぽんさん自身のアカウントは今後の活動において事前に消去済であるということから、残念ながら年齢の公表や顔出しなどは一度もしていません。

 

よって顔バレ画像は今後も出てくることはないでしょう。もし判明していれば特定作業はもう少し進展していたでしょうか?

 

なので中の人の情報は郡道美玲さんの雑談など動画内から見ていくことになりますが、のちに本当に教師をしていることが生徒への身バレによって明らかとなります。

このように赤裸々に語られていますが、本人の口から身バレのような発言は普通しないと思われますが…果たして…。

 

それと同時に"嘘松"発言が多いのが郡道美玲さん。鵜吞みにせず心の内にとどめておいた方が良いかもしれませんね。

 

年齢に関しては初期の頃は24歳と年を積み重ねるキャラクターになっていると考えると、中身の人物は20歳半ばぐらいの年齢が妥当なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:Vtuber郡道美玲の中の人・前世は誰?

にじさんじ(中の人)前世の顔バレ,年齢一覧!デビュー順にまとめてみた

ANYCOLOR株式会社(旧:いちから株式会社)が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   ...

続きを見る

いかがでしたでしょうか?

 

これだけ調査しても郡道美玲さんの中の人・前世がぽんさんであるのか、いまだ中身の人物は疑惑のままでいるのは歯がゆいところですね…。

 

もっとも、過激な下ネタ発言や虚言癖などで炎上ネタが尽きない郡道美玲さんですから、ここで顔バレ画像まで流出してしまっては本人にとってはマイナスにしかなりません。

 

アンチも多いとはいえ登録者の多い人気Vtuberであることは事実、穏便に楽しく活動を続けてほしいですね!

 

今回の記事は以上です、ご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク



人気記事一覧

1

ANYCOLOR株式会社(旧:いちから株式会社)が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   ...

2

カバー株式会社が運営しているVtuberグループ【ホロライブプロダクション】   女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」 など、現在ホロライブで活躍 ...

3

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと20,000人をも超えるVTube ...

-Vtuber

Copyright© サウンドTV.ねっと , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.