Vtuber

赤井はあと(中の人)前世はぴくるす!中身の年齢や顔バレ画像はある?

「はあちゃまっちゃま〜」というかわいい挨拶とは裏腹に、異様なテンションで様々な体当たり、地獄企画を企画してはあわや炎上と話題を振りまく暴走系アイドルVtuber。それがホロライブ1期生赤井はあとです。

 

今やホロライブの中でも1、2を争う「ヤバイ」キャラクターとして定着してしまった感はありますが、国内外問わずファンからの人気は相当高く2021年2月にチャンネル登録者数100万人を獲得しています。

 

彼女の強みは、他の誰も真似できない様な強烈な個性のかたまりであること。

 

アイドルやVtuberという枠組みを超えて中の人の個性が光っているのです。

 

そんな赤井はあとの中の人と噂されているのがツイキャス主のぴくるすさんという人物です。

 

今回は赤井はあとの中の人、前世はピクルスという説について本人の中身、プロフィール、顔バレ画像についてまとめてみました。

 

さっそくいってみましょう!

Vtuber(中の人)前世の年齢・顔バレ一覧!個人勢まとめ

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと1万人を超えるVTuberが活動し ...

続きを見る

スポンサーリンク

赤井はあと(中の人)前世はぴくるす!中身の特徴と傾向!

出典:ツイッター

赤井はあとはホロライブ1期生として2018年6月にデビューしました。同期には白上フブキや夏色まつりなどがいます。

 

生意気な後輩、普段はツンツンしているが仲良くなった相手には甘えたりする、というのが公式のキャラクター設定です。

 

デビュー当初こそ設定通りツンデレキャラクターを演じていたのですが、次第にキャラクターと自分自身の性格との違いについて悩み、だんだんと中の人の色が強く出る様になります。

 

最近では激辛ラーメンを食レポして放送事故を起こしたり、足の匂いを自らネタ化したと思えば、Vtuber合コンを企画したりと見ている側がヒヤヒヤする様な暴走企画を演出しています。

 

また定期的にアップされる狂気じみた(ほめ言葉)自作MMDショートビデオも話題を集めています。

 

ヴァーチャルの次元を超えて実写動画にもチャレンジしており、グロテスクな料理で賛否両論の「はあちゃまクッキング」、

2分で「餃子」作った結果・・・!?【はあちゃまクッキング】

オーストラリアをぼっち旅など編集技術も凝った内容となっており本人のこだわりが見て取れます。

 

過去にはエア配信で号泣事件や、ツイッターでファンを煽りすぎて炎上し活動休止など常に話題に事欠かないのがはあちゃまです。

 

そんな赤井はあとですが、彼女の特徴として最も大事なことは現在オーストラリアに留学中の学生であるということ。

 

これはVtuberとしての設定ではなく、現実の中の人が留学していることが事実として語られています。

 

現在はコロナウィルスの為、日本に帰国出来ない状態になっているのだとか。

 

もちろん海外留学中のため、英語にもある程度精通しており、桐生ココに次いで英語キャラでもあります。

 

それでは赤井はあとの前世として噂される、中の人のぴくるすとはどんな人物なのでしょうか?

中の人・前世と噂されるぴくるすとは?

出典:twitter

ピクルスさんの活動の中心はツイキャスというサイトでアニカテというアニメ好き配信者のカテゴリーで雑談や歌配信を行なっていた様です。

 

ツイッターの開設が2016頃なので、4年程前からネットで活動をしていることが分かります。

 

現在ツイキャスのアーカイブはほとんど消えてしまっており、ツイッターも非公開にはなっていないものの、現在更新されていない状態です。

 

それではさっそく両者を比較してみましょう!

スポンサーリンク

赤井はあとの(中の人)前世がぴくるすである3つの理由

中の人がぴくるすである理由1 声の一致

ぴくるすTwitterにある早口言葉動画

【赤井はあと】縦読みに気が付かずマジレスしてしまうはあちゃま【ホロライブ切り抜き】

両者の声を比較してみると同一人物であることが分かります。

 

抜ける様な高音や、少し舌足らずな話し方、歌い方などもよく似ていると思います。

残っているツイキャスの録画から、今のはあちゃまよりは落ち着いている様に感じますが、段取りがちらかり気味なのは相変わらずと言ったところでしょうか?

中の人がぴくるすである理由2 留学

先ほど述べた通り、赤井はあとは現在オーストラリアへ留学中であることが知られています。

一方、前世のぴくるすさんのツイッターからオーストラリアに留学するという発言があります。

時期的にみて2018年5月頃にフィリピンに一時留学、9月入学でオーストラリアの高校に入学したと考えられますね。

 

また、後に赤井はあと本人の配信にて語られていた様に、中の人の実父はフィリピン語学留学関連企業の社長であると言われています。

中の人がぴくるすである理由3 他Vtuber前世との絡み

このツイートから、ぴくるすさんと同時期にツイキャスのアニカテで活動していた「くりぃむ」「くろあ」という人物とコラボ配信を行なっていたことが分かります。

 

この2人の前世は後に「星川サラ」「紫咲シオン」というVtuberとしてデビューしており、赤井はあとと直接の絡みがあり仲の良いことで知られています。

 

その他、ぴくるすさんのツイッターのフォロワーに「りんこ」という人物の名前がありますが、こちらは後に「湊あくあ」としてホロライブにてデビューしています。

 

こうした前世での絡みからもぴくるすさんと赤井はあととの関係が強まりますね。

 

ぴくるすさんとしての活動は2018年5月頃より停止していますが、赤井はあとのデビューが同年の6月であることを考えると活動時期としても一致していると思います。

スポンサーリンク

赤井はあと(中の人)前世はぴくるす!中身の年齢や顔バレ画像はある?

にじさんじ(中の人)前世の顔バレ,年齢一覧!デビュー順にまとめてみた

いちから株式会社が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   前世ではどのような活動を行って ...

続きを見る

ぴくるすさんと赤井はあと、それぞれのプロフィールや声が非常に似通っていることが分かりましたね。

 

それでは実際の中の人はどんな人物なのかもう少し、深堀りしてみたいと思います。

 

赤井はあとは現在オーストラリアに留学して英語を勉強していることは先ほど述べた通りです。

 

彼女の生まれ育ちは日本なのはもちろんですが、父親がフィリピンとのハーフで、本人はクォーターであることが分かっています。

同じホロライブの桐生ココの中の人も日系アメリカ人のハーフと噂されていますので、事務所は戦略的に英語をしゃべれるメンバーを集めているのかもしれませんね。

 

また両者とも日本人の感覚からすると少々ぶっ飛んだ発言を時々しますので、そういった意味でも海外人気を後押ししているのかもしれません。

 

こちらは先日行われた誕生日配信の動画です。

 

本人の口から生い立ちから現在までが語られており気になる方は必見です。

【#はあちゃま生誕祭】はあちゃま、生涯を振り返る【ホロライブ/赤井はあと】

また、年齢に関してですが現在留学3年目の受験生であることが分かっています。

一般的な受験生の年齢からすると現在18歳ということになるかと思います。

 

同じホロライブの紫咲シオンと共に、中の人はホロライブ最年少ということになりますね。

 

こうして考えてみると本人の落ち着きのない向こうみずなテンションも、若さゆえのナントやらと言ったところでしょうか。

 

ホロライブは1期生、2期生までは年齢制限を設けていませんでしたが、3期生オーディションから18歳以上というのを明記する様になっています。

 

そんな、中の人と噂されるぴくるすさんは過去に顔出し配信をした形跡は残念ながら見つからず…その配信スタイルはその都度何かに顔を覆ってバレないようにしていたようですね。

他、リアルイベントにも参加していなかった様なので、顔バレ画像などは一切発見することができませんでした。

 

ただクォーターということを考えると目鼻立ちのくっきりとした南国系の素顔なのかと想像してしまいますね。

 

まだ高校生ということを考えるとそこまで派手な化粧や格好というのは考えづらいと思いますが、本人のトリッキーな性格から赤井はあとと同じ様に中身の人物は金髪なのかもしれません。

 

あなたは赤井はあとこと、はあちゃまの素顔をどのように映っていますか?

スポンサーリンク

Vtuber【赤井はあと】中の人・前世まとめ

ホロライブ メンバー一覧!(中の人)前世の顔バレ,年齢をデビュー順にまとめてみた

カバー株式会社が運営している女性Vtuberグループ【ホロライブ】   現在ホロライブで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   前世はどの様な活動をしていた ...

続きを見る

以上が赤井はあとの(中の人)前世はぴくるすさんという説の考察になります。今回は中身のプロフィール、年齢、顔バレ情報を中心にまとめてみました。

 

2人の声が似ているのはもちろんですが、オーストラリアへの留学など本人のプロフィールまで見てみるとほぼ同一人物とみて間違いない様に思われます。

 

意外かもしれませんが、同じホロライブの宝鐘マリンいわくデビューの際にアイドルとしてお手本にすべき先輩として、赤井はあとが筆頭にあげられていたそうです。

 

デビューから半年もすると公式設定のキャラクターからブレていくのは誰しもが通る道ですが、はあちゃま程その振り幅が激しかったメンバーはいないかもしれません。

 

ツイキャス時代やデビュー当初が「かわいい」にとらわれてある種ネコをかぶった状態だったとすると、今の現在のはあちゃまは自分自身のやりたいことをどこまでも自由に全力で突き進んでいる姿がとても印象的です。

 

彼女が目標として語っている様に「最強アイドル」になる日もそう遠くはないのかもしれませんね。

 

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク



人気記事一覧

1

いちから株式会社が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   前世ではどのような活動を行って ...

2

カバー株式会社が運営している女性Vtuberグループ【ホロライブ】   現在ホロライブで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   前世はどの様な活動をしていた ...

3

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと1万人を超えるVTuberが活動し ...

-Vtuber

Copyright© サウンドTV.ねっと , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.