Vtuber

藍沢エマ(中の人)前世の顔バレ画像がかわいい?中身の年齢プロフィールを深掘り!

2021年9月18日、ぶいすぽっ!からデビューした新人VTuber"藍沢エマ"(あいざわ えま)さん。

【初配信】はじめまして藍沢エマです!【ぶいすぽ】

同日の初配信から#藍沢エマ初配信のハッシュタグがTwitterでトレンド入りし、その翌日にはチャンネル登録者が5万人を突破、現在(2021年10月)では11万人を超えるなどその勢いはまさに破竹。

 

そんな期待の星ともいえる清楚系でかわいい藍沢エマさん…中の人がどんな人物であるのか、前世の活動などが気になりますよね!

 

ということで今回は、藍沢エマさんの中身の人物のプロフィールを深掘りしていきたいと思います!

 

それでは、行ってみよう!!

にじさんじ(中の人)前世の顔バレ,年齢一覧!デビュー順にまとめてみた

ANYCOLOR株式会社(旧:いちから株式会社)が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   ...

続きを見る

スポンサーリンク

藍沢エマ(中の人)前世のプロフィールを深掘り!その中身の特徴や傾向は?

出典:ツイッター

デビューから日が浅いこともあって謎に包まれている藍沢エマさんの前世。

 

にじさんじの星川サラさんや同じぶいすぽっ!の先輩である八雲べにさんなどに声が似ているとして話題にあがることもあるんだとか。

 

私個人としては、富士葵さんにも似ているかなという印象ですね。

もちろん彼女たちは藍沢エマさんよりも遥か前からこの界隈で活動していて、中身は当然別の方が入っています。

 

なので同一人物であるという線はゼロ中のゼロなのですが…そのなかでひとつ気になる説を見つけました。

 

藍沢エマさんの中の人について、まずはこちらを検証してみましょう。

中の人のプロフィール1:八重沢なとりの転生先?

出典:ツイッター

藍沢エマさんの中の人は"八重沢なとり"さんではないかという噂が流れているようです。

 

八重沢なとりさんは、かつて.LIVEのアイドル部に所属していたVTuber。

 

バーチャルYouTuber四天王のひとり、電脳少女シロさんも所属していることで知られています。

 

アイドル部は全盛期にはメンバー全員が数千人規模のリスナーがついているほどの超人気グループでした。

 

リレー式で配信を行うことで箱推しのファンを増やしてゆき、VTuberがメインのテレビ番組として知られる"ガリベンガーV"でも毎週誰かしらが出演するなどしていたほどです。

 

しかし2019年冬、一部メンバーが事務所の対応についての内情暴露やお気持ち表明を行うなどして揉めに揉め、堰を切ったようにメンバー間の軋轢も露呈。

 

その後も人気を支えていた1期生のメンバーが相次いで脱退・卒業したことで徐々に下火になっていき……2020年以降は新たに2期生、3期生を入れるなどして新たなスタートを切っています。

 

八重沢なとりさんも、1期生でありながらこの騒動の後でもかなり長く在籍していましたが2021年4月に卒業しました。

 

では、なぜ彼女が藍沢エマさんの中の人ではないかと疑われているのかと言うと…考えられるのが両者の卒業とデビューが入れ違いになっていること。

 

藍沢エマさんのデビューは同年9月なので、転生だと考えるには時期がピッタリであるため噂が流れ始めたものと考えられます。

 

この5ヶ月間は、確かに転生するには早すぎもせず遅すぎでもない絶妙な間隔。

 

ですが…この噂は調べたところ、詳しく検証するまでもないことが分かりました。

 

なぜなら、藍沢エマさんと八重沢なとりさんの中身の人物の声が似ていないのです。

 

卒業とデビューは、たまたま時期が入れ違いになっていただけで両者の間に関係性はないものだと思われます。

【卒業】風紀の乱れは心の乱れ!【最後の配信】八重沢なとり VTuber

中の人のプロフィール2:努力家

藍沢エマさんがデビューしたのは先ほども紹介したように2021年9月。

 

しかしぶいすぽに合格したのはその半年前のようで、その間に中の人はゲームの練習・努力を積んでいたとのこと。

 

もともとはゲームの初心者だったことが伺えます。

 

なお、加えて彼女が「努力枠」として採用されたことが運営のTwitterから確認できます。

公式紹介文でも「ゲームの腕を上げる為に日々奮闘中」と記載がありますね。

 

半年…念願のデビューを果たすべく合格後も努力をしていたことを考えると、中の人としてはその間はとても長く感じたのではないでしょうか。

 

私もゲームは好きでよく遊びますが、自然に上手くなるのならともかく意図的に上手くなるための練習をするとなると、心身の疲労は前者よりも遥かに大きいです。

 

ゲームが、趣味から競技に変わるので。

 

藍沢エマさんの中の人が、とても努力家な方であることがとてもよく伝わってきますよね!!

 

同時に、応援したくなるような魅力を感じます。

 

初配信から注目を集めたのは、単に箱の人気のみならず、そんな努力家な面に心を打たれた方がそれだけ沢山いるからというのもあるでしょうね!

中の人のプロフィール3:FPSが得意

藍沢エマさんがプレイするゲームのメインがFPS。

 

主に【Apex、COD、BF、Fortnite】などが得意なんだとか。(現状では雑談やマロ返しを除くゲーム枠はすべてApexです。今後ほかのタイトルを実況することもあるかもしれませんね!)

 

ぶいすぽの先輩とのコラボなどもApexで行っています。

初コラボ中に空澄セナ先輩を殴る藍沢エマ【切り抜き】

もともとがゲーム初心者であったことから、ぶいすぽ合格後はこれらのゲームの練習を行っていたことが分かりますね!

 

大会での活躍が今から楽しみです。

 

ということで、藍沢エマさんは前世で何かしら活動していたならゲーム配信は行っていなかったか、触れていなかった可能性がありますね。

スポンサーリンク

藍沢エマ(中の人)前世の正体とは?その中身の年齢や顔バレ画像がかわいい?

ホロライブ メンバー一覧!(中の人)前世の顔バレ,年齢をデビュー順にまとめてみた

カバー株式会社が運営しているVtuberグループ【ホロライブプロダクション】   女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」 など、現在ホロライブで活躍 ...

続きを見る

藍沢エマさんの中の人・前世について深掘りしていきましたが、中身の人物の顔バレ画像や年齢については判明しておらず、ネット上で調べても見ることはできません。

 

年齢は憶測になりますが、配信内からの情報で運動は好きだけど運動音痴だという中の人は、学生時代に黒子のバスケ(2010年頃)にハマった時期があったことから、年齢は20歳から25歳ぐらいと予想できますね。

 

これまでの見出しからオーディション合格を経てデビューに至ったことは明白であり、それから半年の練習期間があったことを考えるに藍沢エマさんの中の人はそれまでゲームや配信などをしたことがなかった一般の方であると推察できます。

 

もしかしたらこの半年の間に、ゲームだけでなく配信のシミュレーションなどもあった可能性は、無くはないですよね。

 

なんにせよ初配信で登録者3万人、同接2万人を達成していることからも中身は逸材であることに変わりありません。

 

清楚で癒し系だけでも人気が高まる中、それに加えてところどころ訛りのある話し方に中身の素顔もきっとかわいい!?に違いないと勝手に妄想してますw

 

このように人気の高い箱の所属とはいえど、デビューからこれだけの反応…中の人の努力が報われて、ほんとうに良かったと思いますね!

スポンサーリンク

まとめ:VTuber藍沢エマの中の人・前世は誰?

Vtuber(中の人)前世の年齢・顔バレ一覧!個人勢まとめ

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと20,000人をも超えるVTube ...

続きを見る

藍沢エマさんの中の人・前世に触れていきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

中身の人物の年齢や顔バレなどは前世が配信初心者ともなれば、そこを突き止めることは限りなく難しいところです。

 

しかしながら、ぶいすぽっ!ははじめから実力が知られていて、即戦力になる方だけが所属できるグループだと思っていたので…努力枠が存在するとは意外でしたね!

 

ですがその期待にしっかり応えて、リスナーからの支持を獲得できた藍沢エマさんは、元が初心者といえど配信者に必要な魅力や人柄がしっかり揃っている方であることがよく分かります。

 

強豪ひしめくApex界隈で、藍沢エマさんはどれだけの功績を残せるか…やはりここが今後気になるところ。

 

ほかのメンバー同様、大会での活躍がとても楽しみですね!

 

今回の記事は以上になります!

 

ご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク



人気記事一覧

1

ANYCOLOR株式会社(旧:いちから株式会社)が運営しているVtuberグループ【にじさんじ】   現在にじさんじで活躍しているメンバーをデビューした順番にまとめてみました。   ...

2

カバー株式会社が運営しているVtuberグループ【ホロライブプロダクション】   女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」 など、現在ホロライブで活躍 ...

3

2016年に世界初となるバーチャルユーチューバー(VTuber)キズナアイの誕生から、2017年にはユーザー人数が1,000人まで膨れ上がり、2021年現在ではなんと20,000人をも超えるVTube ...

-Vtuber

Copyright© サウンドTV.ねっと , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.